Home > 海外からのメッセージ / Messages from over seas 医療的アドバイス / Medical advice オーストリアの経験

オーストリアの経験

入間カイです。

下記は、チェルノブイリ事故当時の経験にもとづき、オーストリア在住のマクシミリアン・モーザーさん(時間生物学/リズム研究)が、日本の友人にあてて自分の経験と知識を伝えてくれたものです。これも取り急ぎ、原文のまま掲載します。

 

Lieber Kai,

da wir 1986 nach Tschernobyl intensive Erfahrung mit Radioaktivität gemacht haben darf ich Dir einige Hinweise geben. Ich war damals einer der ersten, der den Anstieg der Strahlung in Österreich gemessen hat.  Ich ging 2 Tage nach dem Super Gau an unser Institut, die Medien meldeten, dass in Österreich keine erhöhte Radioaktivität sei, in der Nacht hatte es geregnet. Ein guter Flächen-Geigerzähler am Institut zeigte in den Innenräumen im 5. Stock normale Hintergrundstrahlung (10 Entladungen pro Sekunde).

 

Dann öffnete ich das Fenster: Der Geigerzählerzeige bewegte sich sofort zum rechten Rand und die Warnung heulte auf (ca 1500 Entladungen pro Sekunde). Ich schloß das Fenster sofort und alle Fenster im Gang und warnte zuerst die Institutsmitarbeiter, dann rief ich an der Strahlenphysik an, die nach wenigen Minuten meine Messungen bestätigte. Im Land Steiermark stellte man sich dumm. Der Strahlenschutzbeauftrage leugnete jede erhöhte Radioaktivität. Ich nahm eine Bodenprobe vom Strassenrinnsal vor dem Institut, die ich heute noch im Kasten stehen habe. Sie zeigte extrem erhöhte Radioaktivität.

 

Am Abend war ein Empfang beim Landeshauptmann wegen irgendeiner Kunstveranstaltung. Ich sprach ihn sofort an und fragte ihn, ob er die Verantwortung für die Kinder übernehme. Er wurde sehr wütend und sagte, dass er selbstverständlich jede  Verantwortung übernehme. Am nächsten Morgen wurde ich um ½ 7 vom Strahlenschutzbeauftragten des Landes (ist ein paar Jahre später  an Krebs verstorben) angerufen, der jede Kooperation zusagte. Ich fragte nach Strahlenwerten der Lebensmittel, er antwortete ausweichend. Im Radio wurde ein Erlass des Landeshauptmannes verlesen, der Kinderspielplätze im Freien für 2 Wochen sperrte und die Abtragung von Erde in Gärten nach Ende der Strahlenbelastung verordnete. Auch Schulen wurden vorrübergehend geschlossen.

 

So gründete ich am nächsten Tag mit Physikern der technischen Universität eine Arbeitsgruppe, die freiwiliig und kostenlos Messungen an Lebensmitteln durchführte:

 

Im Laufe der Zeit und einigen tausend Messungen an Nahrungsmitteln  fanden wir folgendes heraus:

 

1.       Die erste und schwerste Belastung wird  durch das Jod verursacht: zum Glück hat es eine Halbwertszeit von nur 7 Tagen und klingt in 4 Wochen auf 1/8  ab.

Vernünftiges Gegenmittel:

-          Aufenthalt im Freien meiden (in den Wohnungen war die Radioaktivität praktisch nie erhöht),

-          nicht mit Schuhe ins Innere der Wohnung gehen (in Japan ohnehin kein Problem)

-          Jodhältiges Mineralwasser trinken, um die Schilddrüse abzusättigen, damit kein Radioaktives Jod aufgenommen wird

-          Frische Lebensmittel mit Jodbelastung (Milch aus Freiland, Salat aus Freiland,…) sollten in den ersten Wochen nach dem Fall-Out unbedingt gemieden werden.

Nach Tschernobyl gab es i n Österreich zahlreiche Schilddrüsenknoten, die glücklicherweise zu einem guten Teil gutartig waren.

 

2.       Danach tritt Cäsium in den Vordergrund. Hier ist die Halbwertszeit leider schon länger. Es findet sich vor allem in Lebensmitteln

Milch aus Freiland, Honig, Pilze aus Freiland, Blätter wie Salat, Spinat aus Freilandanbau waren besonders belastet. Leider ist die Belastung bis heute in Österreich nicht vollständig abgeklungen. Pilze aus gewissen Gebieten meiden wir noch immer, der Fallout war sehr selektiv, besonders im Gebirge gab es starken Fall-out.

 

3.       Danach bleibt Strontium. Es wird langfristig in den Knochen eingebaut und kann nur durch viel Calcium verdrängt werden. Hierkann man nur hoffen, dass die Belastung nicht allzu groß ist.

 

Was ich Dir auch raten kann, ist die Einnahme von Zeolith-Pulver. Zeolithe sind zermahlene vulkanische Gesteine die eine hohe innere Oberfläche und ein hohes Aufnahmevermögen für Giftstoffe haben und auch in Tschernobyl erfolgreich eingesetzt wurden. 3 x täglich vor dem Essen ½ Teelöffel Zeolithpulver in Wasser eingerührt. Viel Wasser dazu trinken, da Zeolithe auch Wasser binden. Falls Ihr es nicht in Japan erhältst, kann ich es Euch schicken.

 

Allles Gute!

Max

 

 

Comment:4

小澤千世子 2011/03/24 15:58
モーザーさんの寄稿のドイツ語訳をゆっくりの上、上手ではありませんがさせていただきます。
ただ出先で原稿を印刷できず、またコンピューターの使用が制限されている状態ですので、もし矢部さんがしてくださるということでしたら、お願いしたいと思います。
申し訳ないのですが、翻訳しながら、矢部さんのご返事をお待ちいたします。
よろしくお願いいたします。                小澤千世子
小澤千世子 2011/03/24 17:38
モーザーさんの和訳を終えましたので、次回に訳をコンピューターに書き入れてお送りいたします。

2時間以内にお送りできるとよいのですが・・・

どうぞお待ちくださいますよう・・     小澤千世子
竹内真弓 2011/03/24 20:05
小澤様、矢部様
ありがとうございます。無理のない範囲でかまいませんので、お手伝いいただけると大変助かります。よろしくお願いいたします。
矢部 五十世 2011/03/25 18:28
昨日、翻訳を終えました。お知らせが遅くなってすみません。
要旨がお伝えできているといいのですが・・・
矢部 五十世



親愛なるカイさんへ

1986年、チェルノブイリで放射能の濃密な経験をしたので、いくつかの指摘をさせていただきます。
当時私はオーストリアで放射線量の上昇を測定した最初の一人です。
チェルノブイリ原発事故2日後に私の研究所に行きました。メディアは、オーストリアでは放射能の上昇はないと報告しました。夜になり、雨が降りました。研究所の5階にある部屋ではガイガーカウンターの測定値は普段の線量でした。(10カウント/秒)

それから窓を開けるとガイガーカウンターはすぐに右端まで振れ、警告を発しました。(約1500カウント/秒)窓をすぐに閉め、まず同僚に注意を促し、放射線物理(研究所かそのような部門?)に電話をしました。その数分後にそこでも確認されました。シュタイアーマルク州(オーストリア東南部の州)の住民は無頓着でした。
放射線予防委員は放射能の上昇を否定していました。研究所の道沿いにある小川の底からサンプルを取りました。それは今でも箱にあります。特別に高い放射能を示していました。

夕方には州知事宅で、ある文化行事に関してのパーティーがありました。私は彼にすぐに話しかけ、子どもたちに対する責任を取るかどうかを尋ねました。彼はとても激怒し、もちろんすべての責任を取ると言いました。
次の日の6時半に州の放射線予防委員(2-3年後にガンにて死亡)から電話があり、すべての協力を受け入れました。私は食品の放射線値ついて質問しましたが、彼はそれに対しては曖昧に返事をしました。ラジオでは州知事の通達が読み上げられました。2週間の休暇中子どもの遊び場を封鎖すること、放射線汚染の終了後庭の土を取り除くことを命令しました。学校も臨時に閉鎖されました。

次の日に私は工科大学の物理学者とボランティアでしかも無料で食品の線量測定をするグループを組織しました。

時間経過とともに何千もの食料品の線量測定で次のことを見つけだしました。

1.最初で最大の汚染はヨードが原因になります。幸いなことに半減期はたった7日間であり、4週間で1/8に弱まります。

適切な対処法:
・戸外での滞在は避ける。(屋内での放射能は決して高くない)
・靴で家の中へ入らない(日本では問題ないでしょう)
・甲状腺を飽和にするために、ヨード含有(安定ヨード)のミネラル水を飲む。放射性ヨードを取り入れないために。
・ヨードで汚染されている生鮮食品(放牧牛からのミルクや路地野菜など)は、放射能降下後の最初の第一週は絶対に避けたほうがよい。
チェルノブイリの後、オーストリアは、かなりの部分は幸いに良性であったものの、多くの甲状腺腫瘍がありました。

2.その後、セシウムが前面に現れてきました。これは残念ながら半減期は長く、特に食品から見つかりました。
放牧牛からのミルクや蜂蜜、きのこ、サラダ菜のような葉物、露地栽培のホウレンソウは特に汚染されていました。
残念ながらオーストリアは今日まだ完全には汚染が解消されてません。ある地域からのきのこはまだ今なお避けられています。
放射能の降下は非常に局地的で、特に山岳地帯では強い降下がありました。

3.その他に、まだストロンチウムが残っています。長期間骨に組み込まれ、多くのカルシュウムを通してのみ排除されます。ここでは汚染があまりにも大きくないことを祈るのみです。

ここで私が助言できることは、ゼオライト粉末(沸石)の服用です。ゼオライトは粉々になった火山性の岩石で高い表面積を持つため毒性物質の高い吸収力があります。*1チェルノブイリでは有効的に使用されました。

1日3回、食前に茶さじ1/2のゼオライト粉末を水に溶き、ゼオライトは水と結びつくので、多量の水を加え飲みます。

日本で入手できないようでしたら、お送りします。

どうぞお元気で。

マックス
Comment Form

Text

Please enter password: "yamakawa"(コメントSPAM対策)

Home > 海外からのメッセージ / Messages from over seas 医療的アドバイス / Medical advice > オーストリアの経験

Search
Feeds

Page Top