Home > 福島原発事故関連情報 / Information related to the accident of Fkushima nuclear plant 2011年3月20日:飲料水の備えを始めてください

2011年3月20日:飲料水の備えを始めてください

佐藤です。以下、引用です。


古山です。

楽しい春の3連休ではありますが、いろんなことが騒がしいですね。

水道水に放射性物質が現れ始めています。

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/03/20/1303954_2013.pdf

この数値は、μシーベルトではなく、ベクレルという小さな単位でして、問題になるほどの数値ではありません。

しかし、今後、雨が降りますと地表のホコリとともに水源地に流れ込み、そうとうに数値が上がってくることが予想されます。

とくに、利根川水系では数値が高いと思われます。

雨が降らないうちに、飲料水を蓄えることをお勧めします。  身体の内部に取り込まれた場合、危険度は急に大きくなります。

放出されている放射性物資の多くはヨウ素131という物質です。この物質は、32日後に1/16、65日後に1/256に減るという性質を持っています。せめて1ヶ月、できれば2~3ヶ月をしのげば、現実的にはなんとかなります。

その間の飲料水、飲食に使うものだけでいいです、ふつうの水道水でいいです。蓄えておくことをおすすめします。

(引用・転載はご自由に)

Comment:0

Comment Form

Text

Please enter password: "yamakawa"(コメントSPAM対策)

Home > 福島原発事故関連情報 / Information related to the accident of Fkushima nuclear plant > 2011年3月20日:飲料水の備えを始めてください

Search
Feeds

Page Top