Home > From Japan その他の有益な情報 / Other usefull information ルドルフ・シュタイナー「受容のための祈り」

ルドルフ・シュタイナー「受容のための祈り」

佐藤雅史です。許可を得て転載します。

本日の集会でも朗唱されます。


受容のための祈り

何が来ようとも、次の時間、次の日が私に何をもたらそうとも、とりあえず私にはそれがなんであるのかわからないとしても、不安や恐れによってそれを変える事はで きない。私はそれを完璧なる内的な魂の平静によって、完全に海の様に静かな心情と ともに待ち受ける。・・・

私たちの進化は恐れと不安によって妨げられ、不安と恐れの波によって、未来から 私たちの魂に入ってこようとするものを退けてしまう。・・・

出来事において神的叡智とよばれるものに帰依すること。

来るべきものは、そうあるしかなく、それは何らかの方向において良き働きを持つはずだという、考えと感情 と心情生活の力を、繰り返し自分の中に呼び起こす事。

この気分を魂の中に呼び起こし、それを言葉と感情と理念において生き抜く事、それが受容のための祈りの気分である。

ルドルフ・シュタイナー (輿石祥三・香川裕子訳)

「祈りの本質」ベルリン 1910年2月17日より

Comment:0

Comment Form

Text

Please enter password: "yamakawa"(コメントSPAM対策)

Home > From Japan その他の有益な情報 / Other usefull information > ルドルフ・シュタイナー「受容のための祈り」

Search
Feeds

Page Top