Home > 福島原発事故関連情報 / Information related to the accident of Fkushima nuclear plant 2011年3月24日:原発の行方について

2011年3月24日:原発の行方について

佐藤です。以下、引用です。


古山です。

原発の行方を見守っています。

読売新聞によれば(2011年3月24日01時21分)

原子力安全委員会の班目春樹委員長記者会見。

「(水素爆発した)1号機の核燃料はかなり溶融している可能性がある。2、3号機に比べて、最も危険な状態が続いている」と指摘。原子炉内の温度、圧力の異常上昇が続き、危険な状況にさしかかっているとして、「(炉心が入っている)圧力容器の蒸気を放出する弁開放を行い、炉の破壊を防ぐ検討をしている」ことを明らかにした。

危機はまだ去っていません。

私も原子炉がどうなってるかの資料を集め、検討しています。不思議なことが2点あります。

  1. 水素ガスと、放射性物質はどのようにして原子炉の外に出てきたのか。

    この水素は、圧力容器内で、核燃料棒と水が反応してできたものです。放射性物質も圧力容器内で発生したものです。(検出された放射性物質は、半減期の短いヨウ素131の比率が高いです。これは、炉内から出たことを示しています。使用済み燃料ならとっくに減衰していてごくわずかしかないはずです。)

    圧力容器は密閉されています。その周りを包む格納容器も密閉されています。それなのに建屋内で爆発がおこりました。外界で広く放射性物質が大量に検出されています。

    水素ガスと放射性物質は、どういう経路で、圧力容器と格納容器という2重の密閉された壁の外側に出てきたのでしょうか。

  2. なぜ、圧力容器と格納容器は爆発しなかったのか。

    現在の各炉の発熱は、3Mw(メガワット)程度と推定しています。運転停止直後は、十数Mw程度あったはずです。冷却機能がない状態では、内部の水蒸気の圧力が高まり、圧力容器も、格納容器も耐圧限度を超え、爆発したと思われます。

    しかし、それは起こりませんでした。

    なぜなのでしょうか。

報道されているのとは違う、未知の出来事が進行していると推測しています。

(ブログに、同じものを掲載しています。http://educa.cocolog-nifty.com/blog/

古山明男(引用・転載はご自由に)

Comment:0

Comment Form

Text

Please enter password: "yamakawa"(コメントSPAM対策)

Home > 福島原発事故関連情報 / Information related to the accident of Fkushima nuclear plant > 2011年3月24日:原発の行方について

Search
Feeds

Page Top